好きなものが少ないことによる良いことと随筆

好きなものは多い方が良いのか

少ない方が良いのか

たぶんどっちでも良いけど、

嫌いなものと違って好きなものは生まれながらに持てる数が決まっている印象

好きなものには生き方そのものが現れる

「何が好きですか」

という問いは良い。

 

問いに対する答え

「ピーマン嫌い」とか

「綺麗なお皿が嫌いです(私です)」とか

その人についての理解(感覚の調和)を研ぎ澄ませることが出来る。

 

何が好きかに対して調和とか宇宙ワードで返す人

星空に飲み込まれるのが好き、とか返す人

下北沢にある其々の喫茶店と答える人

宇宙が好きと返す人

猫が好きと返す人

人の数だけいろいろあって、

理由を聞かないでも、回答からある程度の憶測は出来るのである

 

が、やはり問題はその好きをどう捉えているのかにある

今後進展して行く可能性のある情緒ある科学、合理か

未来過去恒久的な普遍性を持つ調和と不調和の旋律か

何を選んでも構わない

一方人智の知る限りの果てはいつまで経っても変わらない

そこに一つ上に登る可能性のある次元がある

3.5次元だ

3.5次元には時間を操れる概念があり

私はたまに、人の想像できるものの限界を夢見る

 

思考の枠を外して行くにはありとあらゆる制約を

生きていくために必要な無駄なあれこれを無視することが大事である

その一つがこのしょうもない発想。3.5。

 

自ずとその難易度は高まり周囲からのレッテルも増えていくだろう

まあそれでも進め誰かに言われず好きであり続けよう

それは別に自分の中に毒を持つとか

ではなく

素直な気持ちに従うことの方を言ってる

 

少ないことの良いこと、と書いたからには、その理由を述べたいところだが

まあ端的に言えば"奥行き" だと思う。

最近は、インターネッツのおかげで広くて浅い人間がごまんといる。

そういう奴らは、教養本をきっと読めない。し、僕みたく教養本なんか読まなくたって、自分の頭で体験したことを咀嚼し続けるだけでもこれくらいのことは書ける

 

思うに最初に書こうとしていたことは私には好きなものがそう多くないのでは

と思った着想からであった。

好きとはやりたいと密接な関係を持つ。

あの子が好き、これが好き

モノへの執着心が好きの正体か?まだまだ確信が輪郭を伴わないでいる。

嘘をつかない人間などはいないが、嘘をついている人間は大抵顔に出ている。

明らかに嘘をついている人と嘘めいた香りを隠す人

べつにどちらだってかまわないのだ好きにしたらいい

はいどうぞ。好きは嫌いの背理であるか

割と自分は美しければそれで良いのでは

美しさには強さを求めませんが

といったスタンスを

 

 

 

あああここから先に一番大切なことを書いていたのにまた、またまたまたまた消えたよまた

もう辞めようかなこんなクソみたいなこと

つまらないので

自分は綺麗なお皿などを眺めるのが苦手なこと

それは自分の執着心の相対的な無さの裏返しだから

執着心がないことが課題であること

とはいってもその持ち方を失ったこと

なので旅でもしようかと思っている話。

周りへの嫉妬でこの話をしていることもある

やっぱり許せないものは許さないでいいよ

許して何になるってんだよ