iunared

hokorobi

邪魔

適切な落ち込み方
何もかもどうでもよくなって
もはや死んでしまいたいなあと
思う日が続くと

 

今日は嫌なことがあった
とか
最近なんかつらいな
では
片付けられないような
自己不全感が脳裏を過ぎる

 

かたや世の中には
この生き方
最高だわ
しこしこー
幸せそうに今日もぶちまける人もおり

どうしてこうなったのだろうと
思うことが常々ある
常々というか、毎秒ある

 

どうしてこの人は
とか
どうしてこんな態度で
とか

思うのは
"弱いから"なんでしょうか

勢いよくオラァオラァって
喚き散らす方が価値があるんですかね

 

今生きる上でこうして考えることは
自分の努力とか運とか
認められることとかによって
偶然に生まれた今日なわけで

決して今を幸せに
なんて軽いことは言えぬ

むしろ
お疲れ様でした
と言いたい

全ての生きとし生けるものに

おつかれさま

 

どうしてこんなつらいのか
軽口を叩けば孤独だ

まどろっこしい言い方をすれば面倒なやつだ

生きづらそうだね笑
とか言われるのにも慣れて
適当に相槌打てばよくて

 

資本主義から逃げらんねえなあ笑
とか言いながら喫茶店で茶を啜って

仲の良いのか悪いのかもわからないような
ちょっと訳ありな関係も芳せながら

ふふふ
とか言って意味のわからないことに笑いを生み出す自分はどこへ行った

 

 

 つまり

誰にも干渉されたくない

誰かに助けてもらいたい

その誰かは決して貴方ではない

 

そういう気持ちで街を歩く