大切なものへ振り返られる

こう文字を書いてると段々と詩人くさくなって嫌な気にもなるので仕方ないけれど

たまには振り返って見て面白い振り返りもある

その時大切にしていたことや、それが死亡した理由

そういったものに目を倒せるのでこれからを見直す

なんかね

本当に大切なものってそう多く無いんですよ

一方でこんなに得るのが難しいのはおかしく無い?とも思うだって努力してるんだ

 

だからどっかおかしい

やっぱり場所が間違い

東の国の

眠れない夜には理由がある

事実は無実ではないよ

有罪なのを呑み込む

少なくとも人間の事実には理由がある

忘れたいとか逃げたいとか楽をしたいとか

そればかりやるから何も大切に出来なくなるのだよ。

誰かを幸せにするとか生半可な気持ちで言っちゃダメだよ。

仕事だって、哲学だって

一度貫こうと決めたのなら折れないまで折れ続ければいいのに

忍耐とか智慧とかかっこよさそうな言葉遊びに耽っているけどサ

お前らドッチも弱え人間

強い人間には酒を使って忘れる力は無い

最初から最強なのだ

そう言い聞かせることで私の哲学にも色付き始めるのかな

 

自分には仕事の才もなければ

あったのだけどやる気が出なくてね

今やなるべく怠惰な効用を集めてしまう

課題さえあれば打ち手は幾らでも検討可能

さて何から?

 

 

 

素っ頓狂な割には何も生み出さない

好きなものが少ないことによる良いことと随筆

好きなものは多い方が良いのか

少ない方が良いのか

たぶんどっちでも良いのと

嫌いなものと違って好きなものは選別不可能であるという印象

生き方そのものが現れる

何が好きですか

の答えに

ピーマン嫌いとか

綺麗なお皿が嫌いですとか

その人の感覚を研ぎ澄ませることの出来る

何が好きかに対して調和とか宇宙ワードで返す人

星空に飲み込まれるのが好き、とか返す人

下北沢にある其々の喫茶店と答える人

宇宙が好きと返す人

猫が好きと返す人

いろいろあるのであってその理由を聞かないでもある程度の想像はつくのである

問題はその好きをどう捉えているのかにある

今後進展して行く可能性のある情緒ある科学、合理か

未来過去恒久的な普遍性を持つ調和と不調和の旋律か

何を選んでも構わない

一方人智の知る限りの果てはいつまで経っても変わらない

そこに一つ上に登る可能性のある次元がある

3.5次元だ

3.5次元には時間を操れる概念があり

人の想像できるものの限界を夢見る

思考の枠を外して行くにはありとあらゆる制約を

生きていくために必要な無駄なあれこれを無視することが大事である

自ずとその難易度は高まり周囲からのレッテルも増えていくだろう

まあそれでも進め誰かに言われず好きであり続けよ

それは別に自分の中に毒を持つとか

ではなく

素直な気持ちに従うことの方を言ってる

 

本題、と言ってもここまで来たらどちらが、とはあるが

思うに最初に書こうとしていたことは私には好きなものがそう多くないのでは

と思った着想からであった

つまり、好きとはやりたいと密接な関係を持ち、時に不合理

あの子が好き、これが好き

モノへの執着心が好きの正体か?

まだまだ確信が輪郭を伴わないでいる

嘘をつかない人間などはいない

嘘をついている人間は大抵顔に出ている

明らかに嘘をついている人と嘘めいた香りを隠す人

べつにどちらだってかまわないのだ好きにしたらいい

はいどうぞ。好きは嫌いの背理であるか

割と自分は美しければそれで良いのでは

美しさには強さを求めませんが

といったスタンスを

 

 

 

あああここから先に一番大切なことを書いていたのにまた、またまたまたまた消えたよまた

もう辞めようかなこんなクソみたいなこと

死ねよ

つまらないので

自分は綺麗なお皿などを眺めるのが苦手なこと

それは自分の執着心のなさの裏返しだから

執着心がないことが課題であること

とはいってもその持ち方を失ったこと

なので旅でもしようかと思っている話

周りへの嫉妬でこの話をしていることもある

やっぱり許せないものは許さないでいいよ

許して何になるってんだよ

悲しみのための記事は書かない

悲しいよ、から始まる幸せはダメだ

不健康だし

文学になる

悲しいだけが文学と言われたらそれも違う

けど大体悲しみの文学

日本だからかな

 

海外に目を向けよう

明るい文学だってある

 

悲しみに耳をかくような神経の振動?気持ちよさ?を得てもキリがない

幸せには幸せの尺度

誰かに指図されるものでもないこと大人は判断を鈍らせないよ自分の過ちでもね少しずつ判断力というなの何かを持つ

持てばいい

どうせまた壊すし

オシャレは嘘つき

当たり前過ぎて嫌なこと

お前らどんだけ自己が好きなんだよ

無理しなきゃ良いのに

海外の皆さんを見習ってご覧

棚卸しのやり方

理解されないことの苦しみを子供のうちに感じないのは悪だ安心感が損なわれて行く

 

いま、ちょっと考えてみよう孤独だ

 

最近すごく思うんだ視野が狭い

誰かに教えられて学んだりそういうのダメ 

どう落とし込むことで楽になるのかわからないよ

視野を広げろってなんだ?

他人のことだから気にするなっていうこと?かな

好きなものや人に振り回されたり

うまくこなして好きなもの見つけた人がねたましね

 

仕事してて

 誰にでもできる演算を思う

面白さは植えつけられるもの?不思議

できれば他人に邪魔をされない頭の中を描く

それでいいような気がする

あまり人との関わり合いに特技がない

人に興味がない人間が苦手とかそういうの?

好き嫌いはっきりしちゃえばごめんみんなだめ

だって信頼なんて無い甘やかされ過ぎ

努力して仲良くなるなんていうのも嘘無理してる

好きだなと思ったらいいよ

まあ考えてくうちに目先の2,3年のことが見えなくなって

今となっては現実を生きる心地に希薄になりがち

彼女みたいに楽にいきられたらなんていいことだろうななんて思いながらそれはそれはつらいなと内省する

頑張る、は難しい

頑張れば頑張る程周りからの評価は上がり

何も悪いこと無い

好きなものに好きといえるだけならそれほど楽なこと無い

そしてその責任の所在を?正常な人間には戻れない?とか?

飲食店で働けるほど健常者じゃ無いし

女子高生の話をされても…好きは分からない…好きは難しい。

健康な人間にむかっとするHpが足りん

好き嫌いはっきりしてるものも羨ましい

もう少し誰かのために感性を愛する

そういう風になって期待

立ち行かないことと向き合うには朝起きなきゃ

 

 

 

 

仕事は、順調だ

器用だから。空気が読める。欲しいままに動かしたりはまだないが、やらなきゃなあ

皆が朝7時に起きて10時前に会社についてその日のタスクを整理して19時まで仕事をする

12時にはお昼を食べにいって

そんな真似は死んでも出来ない

けどお金はその人達より貰ってる…

自分なら8時過ぎに起きて自律神経が弱っていたからお腹の調子が悪い

10時になるまで立て直すためにyoutubeなどを流す

やってることは麻薬と一緒かな

無理して11時過ぎに仕事場についてやらなきゃならんこと適当に

お腹の調子が悪いのと仕事と生活のメリハリが不健全で

誰かを愛することもできず。

ぐわんぐわんしながら半分だけ食す

仕事に戻るとそれはそれでまた意味についてなど考える日が多く

なんでこんな場所に、とは思わないが

目が悪いこととか、ギリシャのメテオラがすごいだとかそんなことの方がわくわく

まあ君達には理解してもらえない

だって出来るんでしょ?器用に上手にそういうのを

しかも自分の世界観なんかを作っちゃったりなんかしてさそのためにah寂しいなとかいって誰かを傷つけて気持ちよくなれたりしてそんな風に出来てないよムカつく死んじゃえみんな

あなたとは噛み合わない私はネジ飛んでる

最初から抜けてるものはあとから埋め込もうとしても無理

だからこんな苦労をする

仕事も生活も精一杯だ君には分からんだろ全て苦痛だ生きるだけで精一杯

君にはこの気持ち、下らなすぎて

私の感性みみっちくて

どうでも良い

のだろうねいいよ

寂しいし、つらいし、悲しいけどね

死にたくなる

仕事に関しては物事をこなす得意だから身体を等価交換にこなす

これを私は自分を殺める、と思う

あなたはもっと沢山見えるんだろ。凄いよ。

絵を描いたり色を使ったりしてさ

音楽なんてものも深みっつうの?ジャズとか嵌まれるんだ

ジャズなんか嵌まれる訳ない

自分の感性が無いから、まして型が無いやり方がわからない

やり方がわかっても、いや、分かるはずが無い途端に凡人との差を知る

だから天才でもなくて障害

障害と言う方がわかりやすい

分別は努力してきたけどこんなもの不要だ

はっきり言って仕舞えば

君たちにはそれすらも弁えた上で悲しみに暮れて幸せな時間か

器用すぎ

 

とか言ってたらこんなの見つけた

f:id:sejies:20171109191244p:image

f:id:sejies:20171109191240p:image

 

まあなんとなくわかるよ

やってきたことは彼女マズイのかもしれない

けど甘やかされたんだな、わかるよわかる

似た気がする

だからまあそういうこと

甘えず器用に生きろってこと頑張ってます褒めて

不思議な話

やりたいこと?もうないよね

そんなに多くを望むような人種でもないし

まあ確かに憧れや、出来るであろう視座はあるのだけれど最近は出来なくなっていくことが人間として普通な感じで悪くはない

どうせ出来ることが多いとして楽しいものではない

周りから嫌な目で見られる