読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iunared

hokorobi

23年間生きたなりのアンチテーゼを書いてみた

asyncの写真を見て思い出した

その感情を克明に思い出せたのは紛れもなく

自分のありのままに自信を持たせてもらったからなのだが

自分は

艶かしい写真が嫌いだ

嫌いで嫌いで嫌いで嫌いで嫌で嫌で仕方がない

https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQLpJZaV-gnggB46PSy0SKsVJZHgdK3HVcTwsdaTEkhqCiHgXKmvBJc0jSdXg

 

嫌いとはつまり自分が弱いってことだ

嫌なものは大体自分に嫌な思いをさせるものだから、避けるために感じる自己防衛システムである

 

逆にさ、そういうものを愛でるものがいる

美しいものなんか存在しないのになんで美しいものを作りたがるのか、否

美しいから追い求めたくなる

それすなわち強い自己肯定によるものである

それが自分には出来ないからこうやってぶつぶつといつまでもゴミを増やしてるんだ!

自己肯定が是が非かという話では

残念ながら圧倒的な血縁や遺伝子、生物の逆らえない性が切ってはならないのだ

それは自分の経験

 

勝ちたくても勝てないこともあるんだということ

要するに中二病なんだよ、僕は

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/中二病

 

中二病に当てはまらないものもいる

それつまり背伸びしなくとも出来る人

あるいは出来ないがしたいとも思わない人

 

自分は完全な中二病

いまも夢焦がれてバカを繰り返している

 

高校の頃から強く思った

自分より明らかに潜在能力は高いのに

やる気がなかったりバカだったりで徐々に自分に追い抜かれて行く存在を死ぬほど見て来た

そんな人たちに背を向けて前を歩く自分に

自分は誇りなんかではなくて

情けなさしか感じられなかったよ

 

 

自分に自信を持つということは

中二病の自分と克己心をもってして立ち向かい続けることですり減らした結果気付く着地点のことでしかなく…気づいたら同じようなセリフを中学生の頃から変わらず言っていることに、今気がついてしまった

 

そうして人間の、個人の、出来る出来ないの猛烈な差異にもがき苦しむことをやめ、然るべき場所に咲く花はさぞ美しいことだろう

でも自分には咲いた瞬間に生きる意味全てを投げ打ってしまったようにも感じられるのだ

 

所詮のところこの話は、かっこつけるのが上手くなっただけの、器用に生きることが出来ただけの、背の低い男らしさもない無芸な男のあわれな豚の声

 

本当にそうなんだろうか人生の差し掛かり地点に来て思うけど変えられないものの多くがあるなかで変えられる自分は奇跡なんではないだろうかそれは選民思想によるもの

ださいけど、その先にこんな比較優位の話を捨てた自分の愛を見出せるだろうか

見出したいと思えるんだろうか

自分をものさしにした生き方を今からでもやり直せるんだろうか

これから遠い先のお話

歩んできた道のり、方向、指針、行動、原動力

人のことわりを知ることに苦悶する20年少々

今更だがたかがこんなことに20年もかかるのに人1人が宇宙を理解することが容易でないことの如何程に無様であることか

俯瞰して白ける

人たちはみな目先の幸せに必死だ

楽しさに身を窶し嘯いた愛にしがみつく素敵な光景に私は思わず射精する

物事の優先度は

主に難易度に依存する

難しい事を考えたがる事自体が非合理的なのである

難しい事というのはようは自分一人にはいささか到達不可能であるように思えるような事実の理解であって

その多くはごまかしによって人々の恐怖からオブラートに包まれている。

人は目を見て話を聞いて性格を知れば大抵のことはわかる愛人や異性は時間を共にするのと身体を交えるのとでわかる

どれもこれも快楽ではなくて分析のための苦労であるし幸せでもない

宇宙やもう一つ上の次元のことや、信頼とか愛とかつながりとか言われるものや、ベクトルの応用や、まだ知り得ない事実が包み隠されてる世の中で自分に嘯いて社会人のフリをする

あと何年経ったら全て捨てて研究に打ちひしがれるのか

はたまた諦めてインドに逃げるのか

一番幸せになれる方法

そもそも幸せになるって主観的な物言いが正しいかどうかの判断もある

幸せにすることが自分の幸せかと言われたら

期待するから苦しむこともある

他人の存在に対して自分以上に興味や好意を持つこと自体も間違っていそうだ

自分は自分で自分の幸せを見つけなければならないが

パートナーに求めるそれは何なのか

好きという気持ちなのか幸せにしたいという気持ちか

幸せにしてもらいたいのか

人は楽をしたいから

幸せにしてもらいたいと思うけど

誰かを幸せにするのは簡単なことではない

だから、幸せに均衡を保つ方法が知りたい

 

人生が長いからその時その時の気持ちに流されることもあるけど

好きになった人は死ぬまで無下に扱わない

その人のことを心から幸せを願っている

きっと付き合っている人と付き合わされている人で違うんだと思う

そしてそれって寄り添おうとする力

幸せにしてくれるあの人を幸せにしたいと思える俺

幸せにしたいと思っても幸せにはならない人

なってくれない人

なろうとすることに苦労する人

だったら苦労するのを辞めて

今ある幸せを最大限続けることが良い

別に好きな人が何人いたって良い

一番気持ちを向き合わせてくれるのが自分ならそれでいいの

でもきっと幸せであり続けることのどんなに難しいことか

こんな国では余計に迷ってしまうよな

もっと寛容に自由にすることが良い

 だからあれだ

どんなことをしても許される人が

本当の心の繋がっていて

その繋がりに甘えや

嘘無し

お金周りが特に

"誠実な取り組みで手に入れることのできた金銭"でしか過ごしたくないと原点からるてん

"誠実に向き合った先にしか正解はない"とかよく言ったりしてしまう

ただしどうしても同じ

頭が良かろう悪かろうやることは同じ

ただ暮らしを続けるのみ…

 

なんて思うと全てがシミュレーションみたく感じられてしまって混乱する

 

いま座標いくつで

なにをしていて

なにに求めていて

なにを求めていて

なにに……なにに……

うんだからやっぱり生きた意味なんて無いんだよそれわかったきりうえで過ごして行くのだよ人生

 

勉強なんて所詮同じことの気持ちよさの違いでしかないのだよ

やることは同じただなんじ自らのごとく隣人を愛す

フライトなんて雑魚に構ってんじゃないよーと思うけどな…普通に

人として腐るよ

人生に絶望する時はいつも一人

特別だ、特別じゃない

優れている、優れていない

真っ当だ、真っ当じゃない

誰かが決めたルールを守らずにいられない

言葉を与えるのも値しないような何かに存在させられてる嫌な感じは逃げられない死ぬ以外方法が無い雑魚だからゴミだから孤独に失礼な孤独

考えれば考えるほど逃げられない気がする無意味な目線

うぜえからしね

ひとよわ

延長線で思った

好きなタイプは何ですか?

の質問に対してはその人の、人に言い寄られたときに自分がジャッジする側になった時をシチュとして想像して発言している

 

いい子は多いけど悪いことするからね

悪いこととは自分に都合のいいこと

悪いことは認められたさによるものが多そう

枯渇してないと人は動かないからね

https://youtu.be/mbTnJJ62IUQ

なんとか研究所、youtubeで見つけたが浮気の定義がわからないし

当たり前のように会話が進んでくのがよくわからないけど好きの言葉の定義も彼らにとって曖昧らしいからそもそもこういう状態になるのだ的な連立方程式があった

つまり好きの定義を持つ

定義を持たなくても待つ姿勢や努力とか真摯な姿勢があるかないかが人間としての強さか弱さかだと思うけど

定義の意味も理解しておくこと

定義とは曖昧な抽象語で独自理解を促すものではなくて共通言語足りえる名詞動詞助詞で成り立つ形容詞や副詞は抑揚をつけるだけなので成る可くつけない

としたときに好きを例えば定義したときに

その人にだけ集中する

とか書くと分かりやすいのである

つまり浮気する人(この言葉の意味がわからないから???しか頭に浮かばないけど)というのは好きの定義を持っていないから

さっきの好きの定義が共通言語だった場合にそれを完遂することを誓えてないから(人間ってそういうもの)

そもそも複数の異性と同時期に交友することを浮気のジャンルにおさめようとする

ので

それはつまり弱い人間(自分の行動原理を言語に落とし込んで理解できてない)なんで自分はこれが好きなのか、とかこれは良くてあれはダメとか、その理由まで根本的に理解をしていない

できない、あるいはしたくない

のいずれかである

 

まあなのでその延長線上にあるのが結婚で

結婚の意味を持ててない人にとってしか結婚は成り立たないものなので意味を持たない感情の抑揚の場として定義しない限り発生する

結婚をする人は事実婚との違いを説明できない

何が違うのか、明確にしない日本の文化のため残っているのが結婚でありそれは人類史の始まりから追っていくと西洋の大昔のようなチンパンジーレベルの争いだってことも容易にわかるのである

笑ってしまう人間の弱さ

生きてるのが嫌になる

順調だ

全てが順調だ

お金はあるし

友達にも恵まれてる

嫌いなものも一定層持てている

夢(というか現実から目を背けること)から男に逃げる女

夢を見ず現実に向き合う女も

変わらない

ありきたりなコレクト欲求を満たす

飽きた

価値やこだわり何かに振り回される精神の在りどころに不安が生じる

口にしなければ天才だと言うような錯覚を感じる

つまるところ負けを知らない

負けを知らないのはいいことか

言い訳を許す勝ちに意味ないし

やればできるけどやらなかったの言葉に価値はないし

まあさ、そんな問題じゃあない

 

どうしたもんかと毎日禅問答を繰り返して

裸の女に興奮する野生の欠片に馬鹿らしくなって

それでも全部無くしきったら

今を生きても自分の中に生きても対して変わらない今は今だし

嘘ついてばっかの弱い人間が大の嫌いで

自分がやるせ無い

仕事に余裕が出来たらちょっとの余裕でこうなってしまう

何かこう人を傷つけるという行為に悪意を感じる

出口のない悪夢終わらない連鎖が死んじまえよと感じさせてくれる

いっそ死んじまったほうがらくだけど今死んでも特にいいことないし

年を取ってもいいことないの知っているし

人に甘えて生きるほうがらくだろう

その時来たら登り詰める先がいつまでも続くと思うな夢と愛