1週間前の下書き

飛行機があまりに暇なので、というか手に持っている本の内容があまり今の心身にとって良くないものなので、代わりといっては何だが、小言を書く。

高校の話。

15〜17歳の自分は純朴に生きすぎていた。相対的に、世渡りが下手だった。

世渡りの定義は"自分の都合の良いように他人を支配し、利得を得ること"。

書き方が悪そうに見えるが、良いものでもある。

憎まれっ子世に憚るって言葉の憎まれっ子は世渡り上手なんだと思っている。

嫌いなものや嫌な思い出に蓋をし、改善の可能性を見出すことなく、その嫌なことから逃げるように自分にとっての利益を求める存在が、憎まれっ子だと思う。

つまり、自分に引け目があるからこそ、それから逃げようとするような人のことだと思う。

で、そういう人が多く集まるのはどういう場所かというと、(崩壊の兆しが見え始めている)資本主義社会の中心である。

何故なら人が生きていく上で社会は不可欠で、その社会構造は常に変化し、その変化の中心にはハイリスクハイリターン(収入は分かりやすい例え)の世界がある。

逆に端っこの方は、そこまで変化の速度も速くなくて、ローリスクローリターンだ。

で、私が育ったのは、残念ながら東京という、世界でも屈指の資本主義社会の中心だった。

そんなところで育つということは、必然的に、望む望まざるに限らず、ハイリスクハイリターンの世界を目の当たりにする。

例えが、最初に書いた、世渡り上手の群れだ。

私自身は世渡り上手ではない。それは私の生い立ちに関係する。私の両親は変化の端っこの方で(田舎)生まれ育った。が、父の転勤で自分の2歳の時東京にやってきた。

ので、私の中には、ヒトゲノムにある田舎民としてのゆったりとした性格と、目の前の現実に立ち向かわなくてはならない後天的な戦闘本能の実装の二つが、葛藤を繰り返していたのである。

基本、物事の判断は先天的に備わっているヒトゲノムによって行われる。

自らの利得だけを考えて貪ろうとする"世渡り上手"と自分の価値観との折り合いの付け方、これが自分の人生の中で、今でも一番の課題と言える。

で、その大きな転換期の例えが高校生の話だ。

話を戻す。

自分の通っていた高校は、東京のど真ん中にあった。この辺りは、当時の自分の判断力の弱さもあるが、単純に若かったし、両親も世渡り上手ではないので、目の前の社会のレールに乗っかるしかやり方を知らなかった。

残念ながら、私の周りは、世渡り上手しかいなかった。だから、私は今でも嫌いだ。

私は世渡り上手ではない代わりに、物事の本質を見抜く力がある。そしてそれをやり抜こうとする力がある。

逆に言えば世渡り上手というのは、変化のめまぐるしさに対応する迅速な適応力、間違っても死なない程度の失敗リスクを許容したリーン型PDCAを備えている分、本質的な価値を見抜く力が余りに弱い。例えば、自分が渡ろうとしている世がどういう構造なのか、改善点はないのか、などまで考え中には、世渡りよりも私のような考えの方が、時代に変化をもたらすという意味では重要な存在になる。

私が当時入っていた部活動なんかは、まさに世渡り上手の群れであった。

東京育ち(=世渡り上手。序盤の説明からして異論は無いだろう)の両親の元に生まれ、ヒトゲノムは既に表面的な価値を舐め続けることに喜びを感じる形状をしている人たちが、そこにはいた。生まれ持った表面的な可愛さやかっこよさ、それを利用した若すぎる行為の連続。初体験の時期が年々早くなっているのは分かりやすい例だ。早く性行為を行うということは、本来、早く生命を保存しなくてはならない、という危機感によって発作するものであるが、近年の日本は安全・衛生面から見て世界でも随一のモノである。ではなぜそんなに早熟して行われてしまうかと言えば、報酬系回路(パチンコやタバコなんかをやっている、やろうとしている時に生じる神経伝達物質のこと)に振り回されているからとしか言えない。

生憎だが、報酬系回路というのは非生産的で、進歩がない機能である。人間と動物、どちらにも備わっている。パブロフの犬はご存知だろうか。知らない人はググってみてくれ。

ライオンが、人間のように文明を発達させることが出来なかったのは、ひとえに言葉という高等技術を身につけなかったからに違いない。

だから、先のデータから言えるのは、残念なことに、近年の若者の早熟した行為が、動物に回帰しようとしているのと同じだと言うことだ。

分析はこれくらいにして、おそらくこの時の自分が言いたかったこと、それは一貫して生きる希望が当時から見当たらないこと

生きることと働くことの混在と不明瞭に関する疑問

今日の病院での一コマ。月にせいぜい30分も喋っていないような主治医に、こんなことを言われた。

医「最近調子どうよ」

俺「うーんまあ、落ち着いた分、コントロールできてるか不安ですね」

医「いい兆候だとは思うよ。引き続き頑張ろうね」

俺「そうっすねー。いやーでもやっぱ"楽して生きたい"」

 

医「それはダメだよ」

俺「…(軽いノリで言ったのに噛み付いてきたな)」

医「やっぱり生きていく上で守っていかないといけない最低限のルールっていうものはあるよ。大人になるっていうのはそういうことだから。」

俺「はあ、大人って何ですか」(今思うとここであしらっとけばよかった)

医「難しいけど、ようは自分の発言や行動に責任を持って、何者にも依存しない状態で、自分をコントロールできるってことかな。子供っていうのは皆万能感を感じがちだね」

俺「はあ(なんかいきなり感情的になったな。しかもそれ遠回しに皮肉を込めて俺に言おうとしてるのか?)俺は子供っていう意味で言ってるんですか?」

医「うーん、まあ発展途上って感じかなー?」

俺「それは自覚してますが、とりあえず今の話はあんま腹落ちしてなかったです(あんたみたいな金持ちの親の元に生まれて金持ちエスカレーターに乗り続けて大人に言われた通りやっただけで結果が付いてくるような恵まれた環境・世界にありつけていて、一度もメンタルダウンしてないやつが、俺みたいに望んでも無い非難を受けたりメンタルダウンしたことあるやつの気持ちを汲み取れる訳が無いのに偉そうにしょうもないこと言うなやバカ)」

 

みたいな。一言で言うと、すごいウザかった。

俺のこと殆ど何もわからないくせに(すごい患者が多い中よく診てもらっています、という感謝とは別で)、自分の考え押し付けるなよ。

もちろん、今の場所を紹介してもらった感謝はとってもある。

それとこれとは別の話で、自分で”大人は自分の発言に責任を持たないといけない”とか言っときながら、目の前の人間に不快な思いをさせるって、もう少し自分の発言に責任を持つ前に、デリカシーを学べよ。ガキじゃ無いんだからさ。

新卒の営業マンかコンサルに当たってしまったような気持ちになった。

 

それでまあ思い出してみたのだ。

自分にとって大切なものは、人に何と言われようと大切なままでいなければ、と。

で、自分が大切にしていたものが、全然今やっていることと噛み合わないって言うことを。

どう言うことかといえば、自分のやりたかったことや好きなこと、楽しいことって、シンプルに人と接することなのだ。好きな人を作り、幸せだなーと思っていればそれで良い。それ以外のものは割と本当にもうどうでも良くて。

だからUserExperienceがどうこうだとか、花嫁のジャーニーはどうこうだとか、まじで興味がないのだ。多くの人間がそれを仕事だと割り切って楽しそうにやっているのをみて、やっぱり違和感を感じたりするのだ。

それを”子供だ”なんて一蹴してしまうのは、子供に夢を語られて”ウンウン。とりあえずそれを実現するために1000万円稼いでみよっか”って言ってるようなもんだ。

話が別なのだ。夢は誰しもがどんな形であれ有しているべきだし、それをお互いにいちいち蔑む必要も、あるべき姿を決めつける必要だって、一ミリも、無い。

それなのにどいつもこいつも、自分の頭で考えた範囲がどこまでかって自覚もないまま、”まあ、世の中ってそう言うもんだから”とか言って何かに盲信(猛進)し始めるのである。

まあ、それは勝手にやってもらったら良いと思う。

だってそれは正しいことなのだろうから。彼らにとっての。

そして、我々不便に生きるような前時代的人間を、蔑みたいと言うのなら、まずは自分たちの、前時代的人間から学ぶところが一ミリも本当に無いのか?というところから疑いを改めてかけてみてはどう?

僕の目には、僕ら前時代的人間が、現代的人間をよく観察せざるを得ないのを多く感じるけど、その逆は殆どないような気がする。

その結果って何だろうね。京大元総長長尾真のwikiにある、「心の時代」でも読んでみるといい。科学の発達に対して人道的教育、教養が追いついていないっていうこと。

お前ら医者が、生命倫理だの偉そうな吹聴を行なっている間に、実際の患者との距離は理論と実践の間で刻一刻と距離を広げていってしまっている。

結局、誰も分かり合えないのだから、だったらいちいち、自分が正しいと思うことだけを強く主張するだけの、強がりな人間(本人からすればその自覚もないし、客観的に見れば強い人間、なんて言い方になるのかもしれないが、自分から見ると、人間という本質を見捨て、自分のやっていることを肯定するために盲目的に現代の先端を走り続けているから、強がりなだけ。死の恐怖とか、そういうのもごまかして死ねるんだろうな)

は、自分も含めて、常に反省していかないと。

自分だっておそらく、自分の言い方で、自分より優しい前時代の誰かを傷つけてしまっているってことを、今回の件で少し大人になった僕は思う。

生きることと働くことの混在(教義の不足。特に無宗教の日本において。)と不明瞭(道徳教育の不足。考える機会の欠損)に関する疑問。

できなくたって(そんなことは本当にどうでもいい)やりたければやれよ。

やりたくないことを、出来るようにするまで頑張るなんて、誰が考えたんだろう。ぶっころそうかな

 

追記

俺が言いたいのは、こうゆうことが出来るのが、大切なんだけどね。子供らしさって、素晴らしいと思うけど。

ま、バカには分からないだろう

https://youtu.be/kc2rkQOKg68

失敗

独白する

遡ること4ヶ月前と2週間前に、私は仕事で体を破滅させた

どのように壊れたかというと

朝起きれなくなった

とかって過去のレベルを圧倒的に上回っていて

そもそも朝まで眠れなくなった

深夜2時とかに眠るなんてことは無理で

眠れるのは、朝の8時で、黒い服を目の上に被せて太陽の光を遮って眠る

というか昏睡した

15時とか16時になって起き、出社するという

会社には朝の6時に、出社出来ないことを確信して毎日遅刻連絡をした

そんな生活を1ヶ月弱送り続けた

もはや、フルフレックスの弊就業規則からしてもアウトなレベルだった。(コアタイムのある契約だったらどうなっていただろうかと思うと、死を見る)

17時くらいに会社に行って、何も出来ず

上司に人事の人と会わないかと勧められ、流れるように精神科へ

病名は適応障害うつ病と違い病前性格は無い。つまり、元々は健康だった人が、ストレスに晒されることによって発症するもので、鬱とは全く別物だ。

環境ストレスによって、健康が害されたもので、そのストレスから離れれば健康を取り戻せるという、比較的軽度の精神疾患だ。

うつ病や、躁鬱の人が、筆舌に尽くしがたい思いをしているというのを、今回の出来事で、嫌という程思い知った。

今でも、障害者認定されたような、感じはあって(周囲の反応を見ていると特に)、それを引け目に感じることはあるけど、あまり良いことが無いから止めておく。

むしろ、というか、僕は障害者認定されたことで、救われる面もあった。と思う。

というのも、やっぱり僕は、働く中で、そもそも自分をだいぶ誤魔化して生きているような気がしてならなかったので。

決して、100%嘘ではないものの、やはりこれが本当にやりたかったんだっけとか、どこか浮ついた気持ちが纏わり付いていたし、今こうして発症して思うのは、今ここで気付いて立ち止まれなかったら、と思うと、とか思っていたりもする。

で、辛いのは、まあ、大好きだった人にも見放されて、完全孤独なのだ。

孤独というのは、これ以上噛み締めてもしょうがない、というくらいに、よく失敗として学んだ。この4ヶ月だった。

自分を信じない、誰も信じない、親も信じない、そういう状況から、

今こうやって人に話せるようになって、色々な人に、発症する前よりも(もっといえば発症してしまうような前触れ(認知の歪み)を作る前の、幼少期くらいの)明るい自分の気質で振舞えているのがその証だと思う。

なんの証か、失敗を科学した、真正面から受け止めて、変に逃げることもなく、きちんとありのままの自分を受け止めてみることにしたことだ。

今、完治しているかと言われればNoだ。あと4ヶ月くらいはかかるんじゃないかなと思う。あまり無駄だったとか、そういう風に思いたくもないし、事実周りの人を見ていると、かかってしまった、という認知が蔓延っているのは、この国の悪いところ(メンタル、と言われた時に、心を想像してしまう日本人。西洋では脳)だなと思う。

まあともかく、好きな人にも振られて、自分にしか向き合うことが許されず、逃げることもなく向き合った。とりあえずこの4ヶ月。別に誰かを蹴落とそうとかも思わない。

 

とにかく今は、こうやってかけている事が幸せだという事実を共有する

まあ、元気にやっています。毎日10-16時にかけて、就労移行施設で、ガリガリ認知行動療法の実践ワークを行なっていて、全然ユルくないです。再発絶対にさせないっていう鬼のような施設に通っています。

やっぱさ、皆遊ぼーぜ。人生楽しまないとって事です

知覚は嘘をつけない

最近自分のことが好きになった

人の言葉には嘘しかない

脚色、現実に対してのアンチテーゼ

人ではない、知性を持った言葉には真実がある

ただしそれは人の感情だとかそういう

動物的感性の無駄遣いというよりかは研鑚されていくもの

恵まれたのだから仕方のない

頑張れた

頑張らなかった

どちらも良い

ただこうやってぼうっと毎日を過ごして

悪さはしない

どこかでまた頑張る時が来る

許せる

一緒にいる人に対して感謝していない

それが悪いと思う

どんな過去があろうと今相手になっているのは自分で

きっともちろん優劣が時系列で評価軸とともに変動して

そんなことわかっていた

わかったことと、感じることは決して常に同じにはならないし。

決意が知覚を左右する

そして、何を経験しようと思うかが、重要だと思う。

悪いと思うもの、悪いと言い続けるのに疲れた

良くなってほしいと期待を持つことを相手に期待してはいけない。

だからこの寂しさはなんとかなるってわかる

大人になるって悪いことだと、ミスをミスだと噛み締めることだと

ミスはミスじゃないと思い込むことだって出来た

はずなのに

可能性感覚の話

寝る前の小言シリーズを始めようと思う。

映えある1回目は大川勇著の「可能性感覚」という書物の読後感について。

すごく端的にいうと、人には各々の情緒で持ってして理想を描く力(可能性を感じる能力)がないと、即物的な猿になるんじゃないの?想像力働かせるためにもっと頑張んないとさ的な話。

ウォルトディズニーの名言、想像できたことは叶う。は、想像出来ることがなくなった瞬間が終わりだとも取れる。

それが、近年の国や文化の発展において、可能性感覚が損なわれてしまっているのではないか、という話。

そもそもこの可能性感覚という言葉は、確かムージルが定義したもののはず。1ヶ月前に読んだ本なので断片的な記憶だけど。

ムージルの研究を大川氏が重ねるうちに、最初はムージルの研究が題目だったが、自分の知識を織り成すことで、単なるムージルの研究ではなく、ムージルが提唱していた可能性感覚の本質をあらゆる面から展開していく、というような印象。

解説はこれまでにして、早速本題に入りたいと思う。

まずこの可能性感覚は、資本主義社会において、漸次的に減少している意識だろう。

平易に言い換えれば、どれだけの人間が、現代において、今後の人類の未来や、過去の反省と学習を噛み締め、この世界のあるべき姿を描こうと自分なりに努めているか。

殆どいないのではないだろうか。

むしろ殆どの人々は、資本主義社会の権化として、金銭の授受に人生の大半の時間を費やしているのではないだろうか。

例えば日本の学校教育は99%の識字率を誇る平等性に関して観アジア随一だったかもしれない。が、それは明治維新直後の話であり、現代のグローバル社会におけるアジアないし世界における学力ランキングは先進国最下層である。

それも、GDPと学力の相関見れば群を抜いて最下位だろう。

そのことについて、昔の田中角栄のように、改善に励むような姿がどれくらい現れただろうか。 よくIT界隈なんかで耳にする政治や国のレコンキスタ、ないしコミュニティの再構築は、これまでの政治や国という枠組みがもはや資本主義社会が成熟して、金銭以上の価値を微分的に生み出せていないことを表している。

あくまで我々時代の人が資本主義に飲まれている前提ではあるが、実際にそのような話が論われているのは事実だ。

これなんかはモロに資本主義を是として、目先の利益の追求に励んだ成れの果てだと思う。

ちなみに、この書物における可能性感覚というのは、人間の美意識的な、ややウィトゲンシュタイン論理哲学論考を発表する前の頃の形而上学のような世界観も孕んでいる。が、どちらかというとその核は、近代から現代にかけての美意識の欠落、即物的な快楽、などに課題意識を向けていることだ。つまりアートかと言えば違う。アートっぽく書いてるがデザイン思考である。

要は時代の変化というのは人間か技術、天変地異が起きない限り法則があって、それに付き従うのはある意味人間に生まれたからには仕方ない。そう割り切ることもできるわけで。

この作品は、きっとそういう前向きさだけじゃ生きていけないような、情緒穏やかな人に向いていると思う。

適当にダラダラと書いて、自分の言葉遣いの拙さを再認識しつつ、言いたいことの1%は言ったので満足します。

可能性という感覚が無くなれば、即物的な解釈と快楽に溺れて、その意味まで考えることは無くなるでしょう。

はたして考えることに意味があるのかは、分かりませんが。

考えたい人は、おそらくは素直なのだと思う。前向きさには一種の思考停止、人間らしさの排他、大脳新皮質頼りになる。

Squirrel

Do what you love.

Sounds like good words.

I thought so a few times, and did what I wanted to do.

The results told me I never can say do whatever you love.

For now at least, I never tried hard to keep any my love for all.

Even if I tried to keep anything to love, everything broke in various way.

I can't hold my love for good, for I couldn't stand believing.

Believing anything I see in direct, which is the hardest problem.

I can't understand what is believing.

What is belief, believing?

always I see, say, everything gonna be coexisting with antinomy.

Everything you look beautiful with ugly, loving anything is not so easy.

Living easily is less easier than living without thought.

Just believing anything, there must be needed to get effort for oneself.

I mean, everything to love, believe, should require to get effort.

This means "stand all injuries, even if you have to die."

You'll never die in standing injuries which arose from your love & belief.

That's I can't get in this life, forever.

and 99% of people are never able to stand the injuries.

Injuries consists in psychological, physical injury.

People who don't have reason will never be able to stand their love & belief.

That is it. It's now me.

Never say never to hold & any standing injuries. 

I'm already tired to stand and hold and love and believe anything they were all I loved, lost by myself, but don't hope to be any fucking guy.

Even if I'm so fucking dull man. That is it. It even consists of me, unfortunatelly? or fortunatelly? no, there's no definition. That is all. Everything be as it let be in.