iunared

127

金がある時ってモテる

金がある時って往往にして関わる人が多い

量的な問題に限らないけど量と質の掛け算の総量がどちらにせよ同じくらいでっかくなる

イメージ。

だから、お金がある→会社員→大勢の人とよく関わる

ブロガー→密接に関わるごく少数の識者理解者が側にいる

っていう感じで。

 

それと、お金には消費がついてくる。

 

お金がない時って、食うに困る。

お金がある時って、使うのに困る。

余らせても仕方がないし、使うにしても欲がない。

 

で、どうなるかというと、結局、一番欲しいものに投資する。

例えば恋人とか、不動産とか、ご飯とか。

尽きない。

 

で、消費の果てにはやっぱり人として普通に死んでいく終わりが見える

それで良い

 

今、お金にこまってる訳じゃないけど

生活自体イレギュラー。

これらの法則に当てはまっちゃいない。

 

お金はない

特別収入がある

関わりは希薄

なぜなら特別収入だから。

収入を得る上で、本来なら必要不可欠な、量や質に限らない人との関わり合い、

が大きく抜け漏れている。

そんな状況もあと半年続く。

のだが、それに違和感を持つっていうのは、凄い。鍛錬だ。

 

だってある意味で、生きるために必要なお金を、自ら不要として、

自ら健康を求める。

 

うーんでもまあ、リスクとリターンで考えるとペイするのが当然なのかもな。

わかっていないのは自分だ。

 

自分の好き勝手表現するのが許されるのは子供

僕は子供だ

言い訳や論理武装を盾に子供らしさを守る人

大人をうまく利用する人

そういう人になりたい?ね

多分瑣末な話

多分瑣末で

一生かかっても足りない事について諦めるのは

諦めるんじゃないよ。と教えられたとして、

誰がそうだと認められるのか。きっと認められないだろうし

求める求めない、望む望まないに限らず、結果はシンプルに

愚直にハッキリと、弱さを学ぶ。

一生戻らない心地よい気持ちと手に入らないであろう悲しみを

逢い交えながら

僕は歌をうたうよ。ポップスを楽しげに歌う。

きっとクソしょうもないことやってるなって君は思うのだろうと思う

そう思われると悲しい

何かに負けたような気がして

人生経験の多さは覆しようがないようだと

求める求めないに限らずそれは常に

それでだから自分や世の中が不変であるかと錯覚するようではあるがきっと

そんな訳ないし。

 

抽象的な輪郭をなぞりつづける。それが芸術?

言葉が具体的過ぎて、表現に苦しむ。

万物の模倣、人の愛、自然愛、寵愛、敬愛、愛し愛され。

自信がない。きっと皆そうで、わかっていくはず。

わかるために何が必要なのか、本物の苦しみ

まだ旅をしようか

身体は疲れている

金銭に限りがある

決して無い訳では

無いにしても

ある事を難しく捉えられるほどの

余裕があるわけでもないし

仕事から目を背けるのは飽きない

意味について知りたがる故

なんか忸怩たる思いから離れる

それが一番特効薬って一番

自分が分かっているのに。

それを決められずいる。

身体は疲弊した。

精神が求めるのは?

夢の中

目が覚めるよりも前に幸せがある

不思議だがそれがどうも本当らしく

どんなところにいたって結局は安らぎを求めてるんだと

たとえばこれから旅を終えて

何もすることがなくなって変化に富まない生活を送ると

また恐怖が過ぎるから

大きな夢を持たずに

心に支障をきたさない程度で無理をして生きる

捨てることとか

知性が遅れていて

困って

25になり21の感情

理性は30だって成り得る筈なのに。

このアンバランスを障害と捉えずしてどう動けば。

そして、今まで私が誰よりも、私自身に愛せなかったことを

学を

死を

どうやったって

少しずつしか進めないってことに落胆して

するしかない

 

しかないから、していくしかないはず。だ

何も持てない。捨てて棄てて。廃棄。

死と同じだ。学びは獲得よりも喪失から、って、教わったよな。だから、捨てて。捨てて。捨てて。もっともっと捨てよ

捨てに捨てきって、