iunared

127

自分のことだけを考える人

誰かのためを思っているように見せて

内心自分の飢えを満たすことだけしか考えていない

そういう人

満足いくように振る舞えばいいのに

中途半端な人格が君を責める

 

答えの出ない問題に輝きを費やすことが不毛

気付いても分かっても、解けない問題には手をつける必要がない

人としてのあるべき姿を追求するがために死ぬとか、人らしい。まあ、最近の子なら15歳前後で気づくことだけど。自分もそれくらいだったし。わかったところで、じゃあ死のう、となるのは、人間に重きを置きすぎである。

人間の強みは、人間なのに、人間なのを否定する才能。自己否定は人間の高度な技術。

前向きとか後ろ向きとかでなく、"建設的に"考える事ができるのであれば、死ぬことより大事なことだってあると思う。

事実、人の歴史に残る人は、人らしくない人ほど多い。人らしく生きていくことは、ある種のアンチテーゼ。いわゆるロック。死ぬのが嫌な人達の、生きてることに対する不満のぶつけ方。それはまあ皆ある。どうせいつまでたってもわからない。だって死んだことのある人が、生きてる世界には居ないから。もし地獄や天国と電話が出来るようであれば、ロックなんてはなから不要で

悩むべきは、人らしさをどれだけ大事にするか

ゆうて70億人いる中で、1人にできることなんて限りがあるわけで。

でも人間が作った非人間的なもの。技術。インターネットの力はそれを覆そうとしているわけで。

畢竟、頭がよければ後世に残る人間の不安の抹消

頭が人より上であれば現世に残る人間の不安の抹消

考えなければ不安は生まれない

生き方について他人がどうこう指図するのが偉そうで、あまり意味がないから

寂しさにも意味がないと思う。

まあでも、好きな人に死に際を看取ってもらう、看取ってあげられる人生はいいな。看取って欲しい人がいるのか、はたまた好きな人がいないのが悩みなんだけど。笑