iunared

127

眠る行為は素を晒すこと

素が嫌なら眠れない

いくらあがいても結局行き着く先は決まってると何年も前から理解した

くだらない他人の悦楽情緒に時間を費やすのは賭博に夢中になる現実逃避と良く似る

それならいっそ堕ちる所まで堕ちてみようか

彼らが精一杯上から満足げに笑みを浮かべるまで地獄の底で幸せを噛み締めてみよう

例えばいくら一生懸命に頑張ったとしてその結果は自分のcaptivateを上回らない

幸せな奴は幸せ

不幸せな奴は不幸せ

そうやって現実に向き合うことこそが人間

余計な散策幸せから不幸

不幸から幸せへの模索は自慰行為だと

涙を流させたい女や

人を振り回したい男や

世の中の願望にだけ価値を置いた

この世の中にうんざりしたから

いつまでも眠れずにいる

幸せとは掴み取るものだ

感じ取るものではなかったんだろうか

薬があれば大丈夫

そんな時間も終わった

現実を直視する睡眠の質の低下を相対的年々徐々に感じ

レムとノンレムの質も下がった

眠る前に酒を飲んだりタバコを吸ったり自慰行為に励んだり

人には皆言えない秘密がたくさんある

自分が何者だったかを忘れるために

自分がどういうものかを知らないために

知っても足掻いても変わらなそうなことに

きっとそんなことはなくて

頑張り疲れたきっかけに絶望する

朝が来ても元気

必要とされないなら空元気

必要とされる範囲で喜び

感性を磨くことで精一杯

どこへ行っても自分からは逃げられない

名前のない自分も自分

名前があろうがなかろうが

自分は自分

変えられない

真面目な毎日が夜を壊して征く

どんなに頑張ったところで

導かれる結果は同じこと

何からも期待をしないと言うのは

絶世の美である