一緒にいたい

安心感が得られる場所は、きっと地球上探せばたくさんある

でも、安息の地は簡単には作れない

これまでどんな環境で育ったか

その関係性は如何か

その所以は

その結果は

着想は

全て一つのバイアスだ

安心感というのも

どのように根付くかがまた大切なのだろう

頭の出来が普通で何も出来ない自分は

大層なことを一つも生み出せていない

努力量は凌駕出来ない。

大きな夢、何も悪いことにはならない

人といること

それも悪いことにはしたくない

全てが安息に始まり、安息で生きる

一生懸命について、生かされることについて

多くは悩まない

緊急事態だけで生きるには人間は寿命も足らないし

運命や何かは自然と身につくものでもないし

凡庸な生まれ育ちに感謝しつつも

これでよかったんだ、と思えないでもいる

そのためには何をしたかったのか

そういう思いにも時々の寿命があるから

生きるのは今なんだよな

そして今

生きるに当たって大事なものが守れない

そういう風に感じているのが辛い

俺はただ仲良くしたい