iunared

127

御園台

東京物語を好いて瀬戸内海にはまり

合っている確信を得た

20歳になりたての初めての異性交遊を始めた頃の話

高円寺でたまたま見せられた映画

自分に意志薄弱で人に与えられた機会を活かしてこなかった

から

当時の安息の感触が変わらず残って

彼女はたまたま

好きになっただけの私を大切に他人の扱いを譲った

何処かへ行ってしまいたいという気持ちが

どうにもならないこと

どうにもならないこと

諦めとか才能は勘違いとたまたまだとしてもそういう形だ

あの時流れてた穏やかな心と快感が今も自分を枯渇、渇望させていたこと

大切だと思ったら守りたくなるもの呑気に過ごす時間のこと誰かを守ること

無理の意味なんか必要ない

必要が無理に勝る

必要かなくなった

どうしたい?

御園台

生まれ育った所

本来あるべき場所

20年違和感だったのがようやく打ち解け合い

感性を邪魔してたって気づく

誰かに迷惑

かけてでも自分の居場所を守る

のか