iunared

127

3,4ヶ月前仕事に悩んでいた頃について

仕事が意味を成さなかった

とにもかくにも人生という貴重な時間を割くべきでは無いこと重々弁えた

一方ででは、やりたいことやりなよ

と言われた時にその不信感に足が一歩も動かない

たぶん、失敗が苦手なのだ

人間だから

 

最近無理をすることがなくなってきた

それはもちろん目が悪くて耳が悪くて明らかに相変わらず?悪夢が続いてはいるのだけれどそんな日常に飽きた

慣れてきているよう

つまり。12時になっても起きれない

自分を悪いと思えなくなった

だってそれでも稼いでるもん。翻訳のアルバイトしてたときの3/5まで漕ぎ着けてきた

 

金なんて所詮手段なのでさ

手段の幅を広げるのにはうってつけで

リスク回避するのにもうってつけ

使わなくてもリスクを身をもって背負えれば

とかあるけど身体が資本なので

 

とにもかくにもいま、仕事に集中出来ている

意味の有無はもはや向き合い続けてはたはた諦めた

まるで結婚生活みたいな

夢を追う恋は悩んだりできるから恋なので

向き合うだけの生活は結婚と言って自分以上に誰かを守ろうとすること

私最近メンバー達に信頼を求めなくなった

無償の信頼は存在しないので何かがやりたいと思うその清らかさだけで勝負するようになった

それはつまりやはり立場というものが

いまリーダーという権限を持たせてもらえているから開花したのだと思うし

そのために今の会社にいるのだと思う

よくリクルートっぽくないなんて言われるが

その真理は見下してるからだ

自分一人でなんでもできると、本当は心の底で未だに思い込んでいるような凡人と、(新人くらいだが)

思考停止して幸せや、負を解消し続けるヒーロー軍団を

どこかバカにしている

なんてゆうか私は結局彼らに囲まれることによってやる気にしてもらっている

それはある種の模造品のようなもので

今年の4月からファインアートの世界にする送り込もうかと思えるような情熱が改めて再沸騰している私の中に

これらも全て今の環境に熱中すると言うある種の能みたいな真似をすることによって得られたものだ

当分はこうやって一生懸命になっていればいいかなと思っている