iunared

127

文章のこと

幾度となく文章を書き続けて行くうち

一つくらいは見えてくるものがある

それは思い思いに書いた瞬間が最たる奇跡であるということだ

あらゆる邪推は不問でひたすらに筆を流すのみ

気づくと心動かす文字が踊り明かしてて

その言葉たちは自分の生命から解き放たれたかのように踊っている

その美しさを見て

やっぱりこちらへ、あちらへとは

ただ目の前に繰り広げられている光景を眺めてるだけで良い気がする。甘えなのだ。結局

言葉を紡ぐと言うことは

最愛にして最大の、人類にとっての甘えである

良い意味で