iunared

127

孤独も受け入れる話

おおらかな人間には分からない

うまくやることに慣れてる人間は理解できない

オッケー頼らない

寂しさは慣れるもの

それが人間

 

嗚呼なんて、くだらない

くだらない

 

 

 

自分のきちがいさも受け入れてくれるそんな環境を欲する

だって別に悪気ない

自分にとっての合理性しか担保できないんだったら

勝手にやれよと。

そうするとそばから人が一気に居なくなる

 

人なんてどうせ間違うし助け舟なんてなくて結構

分かりづらいんならわかってくれなくて結構!

分かろうとするのも結構!無駄です

幸せは捨てます

 

 

夢を追えばいいよ

幸せを祈れるほど幸せじゃないのだ

なんせやる気もないから

 

 

自分の理想のぶつけ合いと擦り合わせあいだな

 

ああまあ、こんな苛立ちも社会に接点を置かなきゃ別に問題無かったはず

悪気はないんだ

自分で決めるだけの人生か

つまんないのは甘いから?

共依存は悪?なんだ

 

みーんな割り切るばっか。慣れるんだへぇ

人類皆平和にやれよ

 

しらける