iunared

127

好き嫌いと弱さ

これ、結構なeureka("ひらめき"のこと)かもしれない

結構感動した

長い間嫌な思いと向き合った甲斐あったのかもしれないなやった

ぜひみんなに読んでほしいです。

散文ですがお許しを

 

書いてわかったこ

嫌なことに対して費やす時間は無駄だ

時に必要なこともあるが、嫌

 好きなものしかない人間はウソかな。たくさん見てきたけどたぶん殆どの場合はね

 

好きな写真と嫌いな写真

違いはなんだろう

現実を真に受ける力の差だと思う

 

 

人には種類がいて強い力を持つ人

弱いけどその弱さを抱えて生きていける人

弱さに負けそうな人

弱さに負けて弱さを振り回す人

がいて

強いけど弱さを見せつけるなんてありゃしないのです強いから

真ん中2人はまだいいのです

色んな種類があると思う

一番下に関しては無理

 

まあなんか

写真には目的が必要です

何かを残したい強い想いと

助けて欲しいという弱い心

そこには背景が存在して

誰かのせいにしたいものもあれば

正しく生きようとするもあり

 

誰かのせいにするのは非常に楽な人生だし

人を巻き込む幸せもある

一方で誰にも迷惑をかけないようにするいい子に育つほど

その心の弱さは敏感

そこに漬け込む人もいる

助けない人だっている。自分はそう

そんな弱さに漬け込んで

幸せにしてあげること存在せず

幸せって自分で掴むものだから

幸せで無くとも愛を叫ぶことは出来る

ただ幸せって愛すること

愛とは幸せということ

なので、乱暴に扱うべきじゃない。ギリギリの琴線に触れる言葉で書ける

 

美しさには色々あって

写真には形式不必要である

形式ある美しさに侵食される写真は皮肉だ

 

自分の美しさを弱さと共に表現できること

それが本来のあるべき姿かなと思ったりして

弱さを訴えるためだけの写真なんてもの嫌い

美しさに変えるのは簡単

 

 

 

自分の中の違和感

少し剥がれてきた気がした1時46分明日は遅刻

1時56分加筆

まだまだ荒削り