読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iunared

hokorobi

ここにいてもいいことがない23年間

なんか最近漠然と不安に思うことがある

ざっくりとすると社会性と人間性について

いまや2年前の、同じような時期

まだ何も社会経験がなかった(いや、上の世代と比べたら明らかにあったとは思う)

から、自由な発想で行き着いた結論が

人が生きるには社会か、人間か

二択しかないということ

例外は、NPC、特に悩むこともなく、嫌なことも綺麗に忘れて行く人たち

そんな人間は人間ではないから

わたしはそういう人たちと関わっていたくないのだが

どうしても日本にいる限り

関わらない場所には金が回らないし

金の回るところには関わらざるをえない

つまり、自分のことをよく知り、本当にやりたいことをやっている人

自分のことなんか気にしないで何でもやりたいことをやる人

前者は人間

後者はおもちゃ

おもちゃと吸う空気は苦く

面白みがない

面白みというのは論理ではなく

人のことをどれだけ見たかだと思う

お笑い芸人がそうだと思う

リクルートのネット系の人材において

お笑い芸人になれる人、いないとおもう

なんというか

人としての深みとか、そんなのは、カッコつけかもわかんないけど

あって当たり前のことだとおもう

のだが、あまりにもおおくの、この国の年上を見ている中で

日本に生まれ日本に育ち続けている人たちの

気持ち悪さから

いつまでたっても逃げられない

いつかそろそろ、別の国にでも飛び出して

自分を幸せにすることができるようになって

それから、どの国に住むのかを決められたら

それでいいのかなと思った

でもそれは、慎重さと大胆さ

行動力と若さ

今やるかどうか

その違い