読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iunared

hokorobi

書くことからはじまる

書かなければ存在しないから存在しないなら認められないから無なのだ

行動に意味を持つことがなかったしいまもない

少し、環境に身を委ねてみようと思ふ

 

高校生の頃?小学生のころ

いまはもう他人だ

人の気持ちがわからなかった

自分の中の感情はあったけど

人が定義するそれとは大きく乖離し

嬉しいは何によってもたらされるのかとか

この気持ちは何なのかとか

目に見えないものごとに蓋をして

それは喜びだよ、とか、悲しみだよ、とか

教えてくれる大人の存在が怖い

そんなものはない

人により千差万別の感覚があり

それ例えロジカルに組まれたものであるとして

それがなんなのか

人の気持ちに飾りはないし

嘘偽りはつけない

にもかかわらずこの数百年

人間がやってきたことといえば人間の排斥である

より良い人間がより悪い人間を排斥する

これからもどんどん、芸術は価値を失っていく

誰が何と言おうと

感情が言葉に置き換えられていくにつれて

わすれさられていくにつれて

音楽も消え

絵も消え

美しさも消え

残されたのは合理

人に仕組まれた最後の自爆装置

みんながあれやこれやと分析をする

そんなに頭がいいのなら

なんでこんなことにも気づかないんだろう

きっと生まれる時期を誤ったんだそうだ

語弊を孕んで言うが、省略

 

そんな気持ちで生きている

どんな条件を出されたとしても同じだ

もう変わらない

美しさの持つ正体と嘘偽りの正体を

暴いて暴いて暴きまくって

お前らみんなバカだなぁ!って言いたい

結局のところバカって、頭の良さとかじゃなくて

自分で考えるかどうかの境目のことなんじゃないかな

偏差値30でも頭のいい人はいるよ

むしろ、たくさんいると思うよ

うん。悪いけど。

偏差値70の人間の方が、よっぽど何も考えずに生きてきてる気がするよ。風貌を見れば見るほど、何も考えていないような態度がするよ。

君たちにはきっと美しさも、華やかさも、プログラミングされたものでしか理解しえないんだろうね。そのための代償がこのお金なんだろうね。

不満があるならさ、23歳の僕と、23歳だった頃の君の態度で挑んでくれよ

団塊の世代でもない限り、素晴らしいなと思う人なんてもう見つからないと思うよ。ハハ