読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iunared

hokorobi

写真が嫌いだ

写真が嫌いだ

誰に何と言われようとやっぱり

写真は

写真を撮るためにある訳ではない

撮らなきゃいけないから撮る訳であり

無論目的は人それぞれだけど

撮るからには精一杯美しいものにしたいと思うし

そのためには膨大な数の写真と

綺麗だと思う光景が必要

 

綺麗なものは微塵も存在しないことは

写真を撮る前に生きていれば分かる

なのになんだか小手先に拘って

美しさに拘泥するのをよく目にする

この会社に入ってから

そういう職種だし

そういう人が多いこと分かっていたけど

何も考えないで

楽しさに浸れる人と分かり合えるほど

幸せに生まれてないし

育とうとも思わないし

幸せになりたいとは思うけど

自分の努力で勝ち取りたいし

自己正当化といえばそうだし

長い目で見ると相手じゃない

自分の悪い癖

なんでも出来るようになりたがること

綺麗な写真を撮る頃には

きっともう今の自分には戻れないだろう

撮る気もない

というより、こんな美しくないことを撮りたくない

普通ならそうなる

きっと中島敦中原中也太宰治なんか読む気にもならない人たちなんだろう

あるいはそこに美しさとかを感じるのだろう

人生そんなものじゃないと思うけどな。