読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iunared

hokorobi

生きた心地がしない感性を問う

23歳になりました

全くもってその言葉に対して違和感を拭えず

違和感の正体を探りました

まだわからないのですが輪郭としては、恐らく"自分で生きてる心地"がしないんです

 

なんか、

23歳になったよ!なんて言うとあたかもこの宇宙に授けられしわたくし23年目に突入しましたわおほほみたいな、個人としての主張・主体性を感じざるをえないですが

実際は宇宙に産み落とされてちょっと時間が経過したけど、存在理由がないと怖いだろうから23歳って括りをあげて安心させてあげよう

って神のお告げがあるから

そうやって思い込むことができてるんかなと思いました、そんな22〜23歳にかけての1年間。

 

宇多田ヒカルの新曲「道」の歌詞にもあったように

人は生きてるんじゃなく生かされてるんだなあと感じました

だから生きた心地がしないんだと思うんですわ

 

 

 だから全然嬉しくないんです

(お祝いされたら超嬉しいですけど)

この宇宙の主体は自分ではなくて神なんですね

"年をとったから寂しぃ"とかいう発言は幻で

夢でしかない(主体は自分ではないし、さらにいえば寂しいって感情も君のものではない。そう感じさせてもらってるだけ)ことなので

この宇宙の秒針1秒分にも満たない自分の存在が(ああこわい)死ぬのが怖いのになんでか生まれちまったなと思いながら

あっそういえばそういう日なんでしたっけ

って感じで迎えられた

(っていうかなに宇宙相手に戦おうとしてんの笑)

あとは多分去年は本当に心臓が止まるような人生だったので

生きながらえた感が普通にすごいあるんだと思います

くわら

まあでも人にできることって環境を変えることだけなので

年が変わりましたが変わらず気にせずたくさんの細胞の一部として精一杯正常な精神を保とうと頑張りたいと思います

まったく酒でも飲んでねーとやってらんねぇよ( *`ω´)

ってことで下戸ですが酒でもなんでも生活に必要なもの(食事とか睡眠とか食事とか)を分かち合う時間、絶賛募集中です。お声掛け頂けたらうれしいです。

 

余談ですが、星野源の作品"そして生活はつづく"の一節で

"全ての人に平等に課せられているものは 、いずれ訪れる 「死 」と 、それまで延々とつづく 「生活 」だけなのである 。"

とあって、自分で反省しています

去年は生活を蔑ろにしていたため、何もかもうまくいかなかった、今年はもっと生活を、楽しみたいと思います。

この文章を読んでくれるいろんな方の感性を受け止められることを23歳のhofuに.

変わらずよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

読まなくていいところ(暇な場合どうぞ
------------------------------
20歳を過ぎるまで、正確に言えば20歳を過ぎる頃誰かに教えてもらえるまで
その誰かは誰でもいいんじゃなくて特定の誰かであって欲しいのだけど。(p.s beatles乙)
感性が無かった
感性とは
感性ってなんですか
みなさんがお使いになられる言葉
尊敬
憧れ

希望
優秀
何をとってもわからない

どんな人が好き?→尊敬できる人かなぁ♪

答えになってないyo
尊敬ってなに?

一括りにされた感性を問う

話が逸れた。
感性ってなんすか
林は20歳を過ぎるまで、感性が無かった
嬉しいってなに
あー言わんとすることはわかるよ笑うやつでしょ

笑うってなに

誰がこれが笑うだって決めたの

笑いってなに
必要なの?(18歳までずっとこれ)
笑う必要がある人はなぜなのとか考えていた

誰かに嫌われることは無かったけど
誰からも愛されてないことも気づいた(p.s 家族)

愛ってなに
これはわかる
死ぬまで添い遂げることだ

林はイマイチド色々な人の感性を問う

面白いってなに
必要なの?
ああそうか、人って寂しいんだね
辛いんだなるほどね人って不思議だね(19歳で知ったはじめて人のために泣いた)

感性を問う
音楽ってなに
絵ってなに
スポーツならわかる
生きるために必要だもんね
マンモス殺すために音楽と絵は要らないもんね
なんでピアノ弾くの
なんで絵を描くの謎謎
理由もないのに描く必要無くない?
そんなに考えられるなら頑張れば評価されるはずなのにって大人たちは言うけど
必要のないことに頑張る理由無くない??????
愛は必要だ
セックスはそこまででもない
酒は要らない
恋は核爆弾
希望は必要だ
優秀である必要ってある?
ない
生きれるのなら頑張る必要は無い

全ての感性に理由がある


わかりやすくまとめます読んでくれた方ありがとうございます
20歳を過ぎるまで人の気持ちを考えるのがド下手でした。。
というのは、それまでも人ってなに考えてるんだろうってことは考えていたのですが
その当の人について深く関わることをしなかったので理解できませんでした
一番最初に教えてくれたのは20過ぎのある人でした
人と接することによって人の喜怒哀楽がどうやって生じるのかたくさん研究させてもらいました、いや研究ではなくて体験させて頂きました。だから、研究じゃないから僕も泣くし笑うし怒るしキレるしいろいろな感情を教えてもらいました。一つ一つの感性には理由があるんだなと知りました。なぜ泣くのかといえばその時の自分にキャパオーバーな出来事が起きているから。なぜ笑うか(楽しいか)といえば寂しいから。辛くなかったら楽しむ必要ありません。
なぜ怒るのかは人それぞれ、悲しむのも人それぞれ(違うんです面倒くさくて割愛してるだけです)

なぜそれまで感情の存在に気づかなかったかというと、必要が無かったからの一言に尽きます。
感情が無くても生活は出来る。盗んだり食べたり寝たりすれば。。
そんなことを考えながら実行しながら6〜15歳
敷かれたレールを完全無視した小中学校生活を通じて、高校生になってようやく勉強し出した
あ話が逸れた