1週間前の下書き

飛行機があまりに暇なので、というか手に持っている本の内容があまり今の心身にとって良くないものなので、代わりといっては何だが、小言を書く。 高校の話。 15〜17歳の自分は純朴に生きすぎていた。相対的に、世渡りが下手だった。 世渡りの定義は"自分の…

生きることと働くことの混在と不明瞭に関する疑問

今日の病院での一コマ。月にせいぜい30分も喋っていないような主治医に、こんなことを言われた。 医「最近調子どうよ」 俺「うーんまあ、落ち着いた分、コントロールできてるか不安ですね」 医「いい兆候だとは思うよ。引き続き頑張ろうね」 俺「そうっすね…

失敗

独白する 遡ること4ヶ月前と2週間前に、私は仕事で体を破滅させた どのように壊れたかというと 朝起きれなくなった とかって過去のレベルを圧倒的に上回っていて そもそも朝まで眠れなくなった 深夜2時とかに眠るなんてことは無理で 眠れるのは、朝の8時で、…

知覚は嘘をつけない

最近自分のことが好きになった 人の言葉には嘘しかない 脚色、現実に対してのアンチテーゼ 人ではない、知性を持った言葉には真実がある ただしそれは人の感情だとかそういう 動物的感性の無駄遣いというよりかは研鑚されていくもの 恵まれたのだから仕方の…

許せる

一緒にいる人に対して感謝していない それが悪いと思う どんな過去があろうと今相手になっているのは自分で きっともちろん優劣が時系列で評価軸とともに変動して そんなことわかっていた わかったことと、感じることは決して常に同じにはならないし。 決意…

可能性感覚の話

寝る前の小言シリーズを始めようと思う。 映えある1回目は大川勇著の「可能性感覚」という書物の読後感について。 すごく端的にいうと、人には各々の情緒で持ってして理想を描く力(可能性を感じる能力)がないと、即物的な猿になるんじゃないの?想像力働かせ…

Squirrel

Do what you love. Sounds like good words. I thought so a few times, and did what I wanted to do. The results told me I never can say do whatever you love. For now at least, I never tried hard to keep any my love for all. Even if I tried to…

努力

今まで努力なんて自分には必要のないものだと思って生きてきた その原因は、やはり自分が器用だったからというのが大きかった うまくやろうと思えば、その時々で善処したし、それがこの先の人生においても当然だと勘違いした 現実は甘くなかった 世の中に出…

恋愛

数多く経験すれば分かる 質高く経験すれば理解できる 時間が経てば気付く 概ね恋愛、もっというと人を好きになって体を預けたくなって、そういう過程は ほとんど最初の時点で決まっている ファーストコンタクトで惚れるか惚れないか その状態を高揚させられ…

眠る行為は素を晒すこと 素が嫌なら眠れない いくらあがいても結局行き着く先は決まってると何年も前から理解した くだらない他人の悦楽情緒に時間を費やすのは賭博に夢中になる現実逃避と良く似る それならいっそ堕ちる所まで堕ちてみようか 彼らが精一杯上…

相対の無い世界では評価も存在も無意味だ カッコつけてもカッコつけたことにはならない 皆どこかでカッコつけようとしてる それは人間のコンプレックス 劣等感や優越感で人は動き出した 生存確率の増加が生きる目的ならば ただ生きていることにも価値がある …

【読後感想】100分de名著 - 人生の意味の心理学(岸見一郎)

まえがき ちょうど今自分の体の具合について理解してきている。 嫌なこともあったが、良いこともある。 嫌なことは忘れたら、良いことを思い出す。 人を小馬鹿にするような感情論で、物事を片付けようとする人間は、男女問わず嫌いだ。 表情や言葉遣いで自分…

1万PVありがとうございます

そういえば数週間前に本サイトの累積PVが1万を超えました 新卒で入った会社でダウンする直前に書いた中間層のいない会社は闇、というタイトルのテーマが毎日10名ほどの方に読まれているようで、ありがとうございます。社会派な文章は書けませんが、引き続き…

羨ましい

要は感覚と直観 私は感覚的でありたい というお話 ユングが提唱した人間の活動分類(タイプ論)は以下を参考 - 性格タイプ別 天職の探し方・適職の見つけ方 & 転職サイト比較 天才と馬鹿は紙一重 よく言う 天才肌と言われる 馬鹿とも言われる もともと馬鹿…

全て

くだらない 人生も 物事も やりとりも 全てが下らない 生まれた意味なんてないし 自分の正体は脳が作り上げた思考だから 居なくなれば死への恐怖も無い 生まれたことに意味はない 必要以上にイライラして 時間を浪費するだけ 一定の不平等で それを気づかせ…

oregairu

この世で一番辛いのは何か、人にとって って言ったらやっぱり人に必要とされないこと。 嬉しいのは誰かに必要とされること。 人に必要とされる人は、誰かを必要とする人だ。 だから自分を慈しみ誰かを愛し愛される人が羨まれるんだと思った。 大勢の人はそれ…

不適合の詳細

について考えてみたくなった。 きっかけは、キズキという学習塾を創業した安田祐輔さんという方が最近出版した、 暗闇でも走る 発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつくった理由 https://www.amazon.co.jp/dp/4062210428/ref=cm_s…

病院と情緒

駄文 昨日お昼頃、今週ずっと楽しみにしていた診察に行ってきた。 診察が楽しみっていう時点でちょっと変かもしれないけれど、それくらい他の関心ごとへの効用感が薄れてきていたので、仕方ない。 楽しみの理由は、今の悩みを打ち明けて、解決策を考えてくれ…

合わないやり方には合わせない 無理に寄り添おうとして疲れる事は不要 誰かの悪口を言ってやりたいような気分だが 言う権利も無い。子供には構わなくていい

才能の差の話

人には生まれもってポテンシャル・スペック、所謂遺伝子レベルでの優劣の差分が決まってくる。 少なくともこれまでの人類史で最も差別的な要素が遺伝子じゃないだろうか。 背が高ければ、運動能力が高ければ、足が長ければ、 人は自分に適したものを本能的に…

輪郭を伴う速度について 自分の考えが、こういうものだ、と理解するには いつもまず感情で喜怒哀楽が発した後に、体系だって理性ないし言語をもってして内容を把握しないと、 自分がこうした状況に陥ったのはなぜか、が腑に落ちない。 腑に落ちないと、迷走…

イライラ 精神が不安定 楽しいことだけやると 目や耳が磨耗する ゲームに依存する 依存するのは間違いと子供の頃に教わった あれこれ勉強した 勉強しなくてもわかることだらけだった 出来ないことは人のせいにした できることは無くなっていった できること…

御園台

東京物語を好いて瀬戸内海にはまり 合っている確信を得た 20歳になりたての初めての異性交遊を始めた頃の話 高円寺でたまたま見せられた映画 自分に意志薄弱で人に与えられた機会を活かしてこなかった から 当時の安息の感触が変わらず残って 彼女はたまたま…

いつかやりたいこと

輪廻の 彷徨う昼と夜のストーリー 命つないで 朝もやに煙る ほとりに佇みながら 耳をすまし 聴くのは 永遠を信じて 歩みを止めずに 別れるため 人は出会う 戸惑う生と死のストーリー 愛を紡いで 夕映えに光る 川面を見つめながら 遥か昔に 誰かが見た夢 僕達…

人のことは馬鹿にするつもりないけど 他人の人生を妬み憧れ羨んで彩りたがる人間を 排斥好きだけを見てたい 淀みや穢れに触れたくないだけ。疲れた

大切だと信じてみること

私は、人に分かられる話し方が嫌いらしい。 自分の感性の方が優先してしまうので、周囲からは自己中ヤローだと認定してもらう。皆自己中なのになんで我慢しなきゃならんのだよ、とは言えない。大切だと信じていたものが誰かに奪われそうな時、自己中な素振り…

記憶がスタート、緑の葉と間から注ぐ陽の光。揺かごの中か、幼子の記憶か、慣れきった感性に救いを求める壮年でも。楽をするということはそれでそれなりの体力を、カッコつけたり人のためやったり周りは綺麗で気にしたくなくなるよ 逃げるのではなく、どこか…

好き

身の丈にあった 恋 食事 睡眠 時間の質 学習機会 贅沢は言わないからどれか一つ 守る 誰かを愛したい 愛してくれたら愛するなんて言わない 愚か者の私が好き 時間が募るに連れて愛は満ち足りるか? それは嘘 愛はある最初から。ある 生まれる 愛は 昨日から…

社交性のない人間の無様さを自分にないものとして恋い焦がれる人間の傀儡だね。気持ちいいね。

どんな能書きも実現していなければ価値を持たない 責任から逃れようとするから楽になる でもきつい場所からは逃げる 難しい